最近の自力整体は・・・

 

 最近の自力整体教室では、

 クラスの最初と最後に、身体の歪み度、筋肉の緊張度などを見ます。

 そして、クラスの最初と最後に『5分間の瞑想』を取り入れています。

 

 脳が疲れていると身体もつかれて緊張状態になり、

 また、身体が歪んだり凝ったりして筋肉が疲れると

 脳も緊張状態になります。

 それぞれがつながっていることが良くわかります。

 

 ※『4つの瞑想効果』について、、、

     1) 不安、いらいら、恐怖感などの脳の疲れがなくなる。

               2) 血液・リンパ液・エネルギー(気)の流れを良くする。

               3) 体温をあげる。(免疫力・自然治癒力が高まる。)

               4) 痛みを取る。(脳内ホルモンが分泌されて痛みが取れる。)

    

 ご自宅でも、1日5分間だけでも『瞑想』をしてみましょう。

 教室では、実技の前後に瞑想を行っています。

 

 瞑想の後の自力整体、自力整体の後の瞑想。。。素晴らしいですよ。

 

 

 

  ※『輪っかのタオル』を使った自力整体で、

            自力整体が更に効果的になりました。

   輪っかのタオルを使用し、脳をリラクゼーション脳波に変えて

   身体と脳に働きかけているのは、今のところ自力整体だけです。

 

         ※ 自力整体『乗馬ゆすり』 

       就寝前にすると・・・熟睡が導かれ、

       起床後にすると・・・排泄が促される、

    人間にとって『熟睡』と『排泄』は最も重要ですね。

 

    背骨を反らしたり、まるめたりの動きで、脊髄間を柔軟にし、

    神経の圧迫を取り、身体の痛みを取っていきます。

    また、骨がスカスカになる年齢になると、間違った歩き方で

    かえって脊髄の圧迫骨折を引き起こすことも少なくありません。

    圧迫骨折まで防ぐことができます。

 

   医療行為ではないので『治療』という言葉は使えないという事ですが、

   腰痛、肩こり、ヒザ痛、肥満、悪姿勢、便秘、生理痛、PMS、、、

   そして、頭痛、精神的な疾患、自律神経のアンバランス、、、などなど

   かなりの効果が実証されています。

 

   いつかのドラマの1つのせりふを思い出しました、、、

    「病は医者が治すのではなく、治すのは自分自身です。。。」と。

       皆さんはどのように思われますでしょうか?

 

 

日本では、2009年調べですので少し古いかもしれないですが。。。。

国家資格者と民間資格者の施術所は、190万ヶ所と言われています。

これは、4万1千店舗あるコンビニの数の何十倍になるのでしょう。

以前、歯医者の数はコンビニより多いと聞いて驚いていた時期もありました。

今は精神科医でしょうか?        いえいえそれどころではありません。

治療が無料ではない日本では、10人に一人が通っている計算、そして、

1日1900万人がお金を支払って何らかの治療を受けています。

治るのではあれば、こんな人数にならないと思うのですが、、、

 

矢上裕(自力整体創始者)曰く、

『痛みに限らず、治療という行為は痛みを一時的に抑えることはできても完治させることはできない』と。

つまり、慢性的な痛みや不調は、自分自身で生活習慣を治さない限り

治すことはできないという事です。

 

   

 ここで、、、

痛みや不調で辛い思いをしている人々、そして、そのためにお金、時間、

エネルギーを使っている人々、『自力で。。。』に早く気が付いてほしい、

救う事ができれば、、、、と心より思ってます。

 

 

      『自力整体は、日々新しく進化しています。

   その進化して効果的になった自力整体を随時更新しています。』